銀座のAGA治療で使用する主流の薬について

日本の病舎でaga治療を行なう場合には使用される薬が決まっているのが特徴的です。銀座にある内科や人肌科、それにaga専門の病舎でも処方されるものはほぼおんなじと見てよいでしょう。

例えば、まず第一に挙げられるのがプロペシアという錠剤。これはフィナステリドと呼ばれる成分が含まれたもので、主にスカルプに残る5アルファリダクターゼという酵素の成果を食い止める影響を持っています。そもそもagaはメンズホルモンがこういう酵素と評価してDHTという物質を編み出すことによって見つかる疾病ですので、ここで髪の毛の育成を禁ずるDHTの分泌を減少させるため薄毛を立て直し影響が得られます。

そうしていまひとつ挙げられるのがミノキシジルという成分を含んだはめ込み薬です。これをスカルプに塗りつけると毛細血管を進化させてよりの血行を差し出すことが可能となります。そうして髪の毛の育成や発毛に所要養分を補給することによってagaによる薄毛が解消されていくのです。